営業マンは初心者ブランディングをやめろ!【自信のつくロールプレイング】

営業ノウハウ
営業マン
営業マン

話が行き詰る時に自ら「営業始めたばかりなのでわかりません」と言ってします。

やっぱりこれってダメなんですか?

自分の発言に自信がありません。

この記事では、新人営業マンに向けてこのような疑問を解決していきます。

僕も実際に新人営業マンの時、「僕新人なんでわからないです」とか言ってました。

初心者ブランディングって結構皆さん経験あるのではないでしょうか?

これって自信がないから言ってしまうんですよね。

この記事を読んでわかること

ロールプレイングを使った自信のつけ方

記事を書いているのは営業歴10年以上のトップセールスマンのHIROといいます。

ざっくりとした経歴です。

新聞勧誘→保険の営業→通信系の営業会社役員をやっています。

現在はプレイングマネージャー兼トップセールスマンやってます。

営業マンの指導役としても活躍中!

色んな営業職を経験したからこそ発信できる内容があります。

それではいきましょう!

初心者ブランディングが良くない理由

営業マン
営業マン

僕は上司にわからない時は、「新人なのでわかりません」とお客様に伝えろ!と言われたよ。

これを言ったらお客様って悪い気するかなぁ?

初心者ブランディングは一見有効に思える営業ノウハウです。

なぜ良くないのでしょうか?

理由は簡単です。

営業マンが初心者ブランディングしても売り上げ変わりませんし、お客様に不安な思いをさせます。

営業マンが初心者ブランディングをしているということは、真にお客様のことを考えていない証拠になります。(不安にさせている時点で)

営業現場に出た瞬間、お客様からすればどんな営業マンも「プロ」なのです。

考えてみて欲しいのですが、不安そうで自身のない営業マンから商品を買おうと思うでしょうか?

仮にその場は商品を買ってくれても、あなたからリピートしたいと思うでしょうか?

印象にも残りません。

営業マンが「僕新人なんでわかりません」は絶対にNGです。

ちなみに初心者ブランディングは癖になるので、今やっている人がいればすぐやめましょう。

自信のつくロールプレイング

営業マン
営業マン

初心者ブランディングが駄目なのはわかった。

具体的な自信のつけ方を教えて。

お客様の前で堂々としたい!

最初に断っておきますが、裏技みたいなのはありません。

僕が営業においての自信のつけ方は、ロールプレイングです。

シンプルですよね。笑

その際に、多人数型ロープレをおすすめします。

配役はこんな感じです。

  • 営業マン役
  • お客様役
  • 総評係(感想を述べる人)

この3名でローテーションを組み、色んな目線で取り組むとベストです。

営業マン役では失敗を恐れず自分が出来うること全てぶつけてみてください。

途中でミスしたり、つっかえたりもあるでしょうが、全然OKです。

特にお客様役の時、自分がお客様の立場だったらをきちんと想定することにより、ニーズの深掘りもできるので意識しましょう。

総評係の人には、良かった点頑張るべき点を箇条書きしてもらい発表してもらいます。

自分の弱点を把握し、ロープレできちんと落とし込み改善に努めましょう。

きちんと営業トークや商品知識を入れることにより、自信は必然的につきます。

ロープレが出来ている営業マンは、初心者ブランディングしません。

正直ロープレは地味で、あまりやりたくはないと思いますが、できる営業マンへの近道ですので真剣に取り組みましょう。

更に効果的なロープレ法

☆ここからは、マネージャークラスやリーダーにお伝えしたいのですが、普通のロープレも全然OKです。

お伝えしたいのは、もっと効果的にロープレで営業マンを伸ばすコツ、やり方です。

それは、ロープレの光景を撮影しフィードバックすることです。

このことにより、営業マン役の子が俯瞰的に自分の営業を見ることができます。

総評係の意見だけではなく、自分の営業がどんな風か俯瞰的に見ることでより深く自分の課題を見つけられます。

少々面倒ではありますが、うちはこれを試して全ての営業マンの売り上げが伸びました。

実践することをおすすめします。

営業マン
営業マン

それでも実際お客様の前に立つと不安だし、緊張もする。

ロープレの以外に自信のつけ方はある?

そんな方向けに、僕が実際に継続中の努力法を公開します。

積み上げることも自信に繋がります。

この記事では、凡人の僕がトップセールスになるためにどのような努力をしてきたかわかります。

興味があれば是非併せてご覧ください。

自信なんて最初はなくて当たり前です。

場数を踏み、色々なお客様と向き合うことで自然につくものなので気にしすぎも良くないでしょう。

どうしてもわからない場合

営業マン
営業マン

どんなに練習しても、わからない時だってある。

そんな時に正直にお客様にわからないと伝えるのはいけないこと?

確かに知ったかぶりで間違った知識や情報をお客様に提供するのも問題です。

僕も保険の営業マンをしていた時、間違った知識をお客様に提供して大失敗したこともあります。

そんな時の対処法は、「今すぐ確認すること」です。

上司でも会社にでも、メーカーにでも構いません。

せっかくお客様がニーズを出してくれたのに、それに対してわからないですは、超チャンスボールを見送っているようなものです。

すぐ確認してお客様のお困りごとを解決しましょう。

お客様のニーズを解決することによって、よりその後の提案がしやすくなります。

問題解決ができることは、営業マンへの信頼度も増します。

こんな簡単な解決法ですが実際にすぐ確認している営業マンは少ないです。

※「次回までに確認します」もなるべくないようにしましょう。

次回までにお客様も営業マンも忘れてしまう為。

まとめ:営業歴10年でもロープレやります

ロープレってあまり話題に上がりませんが、実は営業においてすごく重要なんです。

1回や2回で満足しないでください。

繰り返し、何度もやって効果が実感できます。

営業に出る前に必ずロープレして現場に出ると実績変わりますのでリーダー役職やマネージャー役の方見てたら是非導入してみてください。

僕の場合、ロープレで営業マンの今日の調子を見極めてます。

営業マンの課題が浮き彫りです。

最近YouTubeで流行りの「ただの水を1万円で売る」も面白いので試してみたいですね。

提案力が爆上がりしそうです。笑

参考書籍です。

元プロボクサーという肩書の営業マンが考えた営業のトレーニング法です。

ストイックです。笑

それでは、良い営業ライフを。

コメント

タイトルとURLをコピーしました