【トップセールスが本気で選ぶ】営業マンなら一度は読むべき本7選【2021年最新版】

営業ノウハウ
営業マン
営業マン

営業のノウハウ本ってたくさんあるから選べない。

この間ジャケ買いしたんだけど、ハズレを引いてしまった。

現役で営業している人が読んでいる本を知りたい。

売れる営業はもちろんそうですが、人の役に立つ営業がしたいです。

営業のノウハウ本って選ぶの難しいですよね。

僕は営業関係の本や自己啓発本、小説も含めると年間平均150冊読みます。

営業の本って何か気付きが欲しい時、壁にぶち当たった時に読みたくなりますよね。

このような悩みを解決するべく営業に実際に役に立つ本を厳選します。

逆に使えないノウハウはぶった切るので、よろしくお願いします。

執筆者は営業歴10年以上の営業を愛している現役営業マンのHIROです。

当サイトでは営業のお役立ち情報を発信中です!

◎この記事はこのような方に読まれています
  • 営業で壁にぶち当たった
  • 営業で何か上手くいくヒントを探している
  • 営業の参考書を探している
  • 営業でもっと引き出しを増やしたい

45年間トップセールス「最強営業術」

まず紹介したいのが45年間トップのセールス「最強営業術」です。

45年間トップセールス最強営業術なんてパワーワードだろ!!と思った方安心してください。

僕もそう思いながらジャケ買いしました。

ただ内容は間違いないもので、今後の営業活動に間違いなく活かされる内容です。

この本では、話法のテクニック、心理テクニック、実践テクニック、そして現役の営業マンの声を直接聞いたQ&Aなどがあります。

著者が机上論ではなく、実際に営業現場を駆けてきたとわかります。

生命力あふれる著者の考え方で読むと力が沸きます。

沢山の本を読んでいて展開が楽しく飽きずに読めます。

熱い気持ちにさせてくれる久々の本でした。

凡人が最強営業マンに変わる魔法のセールストーク

これもまた題名がパワーワードでありますが、読んで間違いない本です。

僕が珍しく繰り返し読んだ本のひとつです。

なぜなのか?

それは机上論ではないから。

実践的な話だし、読んでいて飽きがこない書籍のひとつです。

解説されている内容も、とても簡単なことなのですが実際に読まないと気付けない内容ばかり。

そして凡人が最強営業マンに変わる魔法のセールストークの特筆すべきはこんなに最高の内容なのにサラっと読めてしまう手軽さです。

営業マンや個人事業主の方は必ず読んでも損はありません。

心にゆとりができますし、実践的なテクニックも学べる最高の本です。

営業の魔法

シンプルなタイトルの営業の魔法。

有名な書籍なので知っている方も多いと思いますが、営業において最も大切なことを教えてくれる本です。

新人の営業マンにはもちろん、ベテランの営業マンにも紹介したいです。

基本の大切さを再認識させてくれる奥深い内容だからです。

営業に行き詰った時に読んでみてください。

あの営業マンが選ばれる「本当の理由」

あの営業マンが選ばれる「本当の理由」は営業マンとはどういうものかを考えさせてくれる本です。

営業マンだけでなく全てのビジネスマンに読んでいただきたいです。

営業関係の書籍を読む理由は気付きが欲しい時、壁にぶつかった時です。

そんな時に読んでいるとたくさんの気付きをくれます。

スランプの営業マンには最適な内容でしょう。

もしこの本の内容が薄いと思われる方は、ゆっくり自分の行動に当てはめて読み進めて下さい。

必ず奥深さに気付くと思います。

営業は台本が9割

営業は台本が9割。

これまたすごいタイトルです。

読む前からタイトルに納得しつつの読書でした。

営業マンあるあるなのですが、営業マン足るもの台本のひとつは作ります。

その台本の答え合わせはお客様とするしかありません。

台本が駄目なら成約率も必然的に落ちます。

僕自身も営業の世界に飛び込んでからたくさんのトライアンドエラーを繰り返しました。

そんな時にこの本が手元にあったらどれだけ助かるでしょう。

そんな本です。

それとお客様のニーズの深掘りについては、この本で勉強しました。

営業をしていて楽しくなるような良本なので、今営業が楽しくない方、是非手に取ってください。

必ず変わります。

無敗営業「3つの質問」と「4つの力」

無敗の営業とはかっこいいタイトルです。

サブタイトルの「営業を科学する」に惹かれ購入しました。

実践的な内容はもちろん、営業マンのよくある悩みを深掘りして解決してくれる良い書籍です。

ネタばれにならない程度に解説しますが、お客様と営業マンのギャップ(例えばお客様のニーズがわからずに失敗したり)について解決してくれます。

成功理由なども詳しく解説入りなので、繰り返しインプットしたい内容となっています。

そしてこの本、他の本と違うのが解説後の実践編もあるのできちんと読んだ次の日からアウトプットできるという読んだら終わりにならないです。

自分のことがよくわからない、お客様のこともよくわからないとお悩みの営業マンにぴったりの書籍です。

テレワークでも売れる新しい営業様式

最後に紹介するのが、テレワークでも売れる新しい営業様式です。

このタイトルはかなりタイムリーですね。

今までは営業=対面でした。

このイコールを壊すような内容となっております。

なぜ営業は対面ではいけなかったのか?なども追及されていて、おもしろい内容でした。

このような先駆けの内容の書籍は置いていかれる感が強いのですが、そんなこともなく実践的に手取り足取りノウハウを詰め込んでこれます。

コロナの影響で売り上げを落とした営業マンは非常に多いです。

そんな状況を打破したい営業マンにぴったりです。

まとめ:全部読んで欲しい

まとめになりますが、この記事ではこのような方におすすめの営業ノウハウ本を紹介しました。

  • 営業で壁にぶち当たった
  • 営業で何か上手くいくヒントを探している
  • 営業の参考書を探している
  • 営業でもっと引き出しを増やしたい

本というのは、「気付き」や「学び」を与えてくれるツールです。

常に進化が求められる営業現場では、現状維持は許されません。

現状維持は衰退なのです。

そんな過酷な営業現場ですが、ちょっとした「気付き」や「学び」をインプットするだけで非常にやりがいがあり楽しい仕事へと変貌します。

そんな大切なことを教えてくれる本を是非多くの方に読んで欲しいのです。

今回選んだ書籍たちは、人生が変わるきっかけにもなりえる本たちです。

タイトルで気に入ったものでもいいので、是非チェックしてみてください。

最後に読まれた方にアドバイスですが、是非読んだ次の日にでも心動かされたものを実践してみてください。

ひとつでもいいです。

インプットだけでは意味がないので、アウトプットまでが一連の動きだと思ってください。

読んで終わりになるとノウハウコレクターになってしまうのであまりお勧めはしません。

それでは良い営業ライフを。

コメント

タイトルとURLをコピーしました