営業マンがするべき努力法【営業歴10年が実証:再現性高めです】

営業ノウハウ
営業マン
営業マン

営業にはセンスが必要?

センスがない営業マンはトップを取れない?

センスがない場合、やめた方がいいの?

もっと業績を伸ばしたい!

この記事では、このような疑問に答えていきます。

✔本記事のテーマ

営業マンがするべき努力法【営業歴10年が実証:再現性高めです】

営業10年目の僕の意見を入れながら、解説していきます。

センスの定義付けをここでしておきますが、「お客様の心を動かし、行動させる人」とさせていただきます。

執筆者は営業歴10年以上の営業を愛している現役営業マンのHIROです。

凡人であった僕がトップセールスから学んだ努力法教えます。

当サイトでは営業のお役立ち情報を発信中です!

◎この記事はこのような方に読まれています
  • 営業に行き詰っている
  • 営業がどのような努力をすべきか知りたい
  • もっと業績を伸ばしたい
  • トップセールスに少しでも近づきたい

営業にセンスは必要なのか?【結論:あれば有利】

結論から言うと、センスはあれば有利ですが努力でカバーできます。

何故そう言えるのか?

僕自身、営業センスがあまりなかったからです。

確かにセンスがあると売れるための近道ができます。

凡人の僕は、センスがないので業績トップになるまでに1年以上かかっています。

本物のトップセールスと対談したことがありますが、正直普通の人間ではありません。

形容できる言葉が見つからないので敢えて言いますが、サイコパス感強めの人が多いです。

つまり、真似をしようとしてもあまり再現性がないのです。

例えば、プロ野球でもメジャーリーグに行ける人が限られてくるように、営業マンでも”その領域”に時間をかけずに行ける人は極めて珍しいです。

だから営業マンになるのを諦めた方が良いのか?

そんなことはありません。

安心してください。

営業センスのない凡人の僕が業績トップになれた秘訣はこの3つになります。

  1. 営業成績が良い人にひたすらついて回る
  2. なぜこの人が売れているのかを研究しまくる
  3. それを実践しまくり継続する

つまり、師匠を見つけて真似をしまくるって継続するということです。

これができる努力や気力、継続があれば、必ずトップセールスになれます。

僕が10年の営業人生で感じたことは、大抵の営業マンは継続ができないということです。

そして、ほとんどの営業マンが平凡な業績で妥協してしまいます。

頑張れる人とそうでない人の違いはここだけです。

具体的な努力の方法

営業マン
営業マン

でも努力って大変なことしてたんじゃないの?

自分にもできるかなぁ?

どんなことにも当てはまりますが、努力はしんどいです。

一時的な努力は簡単ですが、努力は継続しなければ意味がありません。

では最低どのくらい努力を続けたらいいのか?

これは営業マンによって違ってきますが、センスのない僕は1年以上は努力をしています。

努力のコツを掴んだら、継続という流れになります。

そんな凡人の僕がどのような努力を実践していたのかはこちらになります。

僕が実践した具体的な努力の方法

  1. 研究
  2. 実践
  3. 継続
  4. 成果の積み上げ

この4つを実践できれば、必ず業績を伸ばせます。

では、ひとつずつ見ていきましょう!

1.研究

先ほども説明した、できる営業マンを師匠にすることが大切になります。

なぜこの営業マンが売れているか、お客様の心をどう動かしているか?をひたすら研究します。

必ず自分と違う動きをしていたら、メモを取りましょう。

インプットしたら、次は実践です。

2.実践

インプットしたら、必ず実践しアウトプットしてください。

できない営業マンはまず、ここをやりません。

インプットしてアウトプットまでしなければ、何の意味も持ちません。

最初はできなくてもいいです。

トライアンドエラーを繰り返してください。

実践して初めてわかることですが、1発でできることはほぼありません。

3.継続

トライアンドエラーを繰り返すことにより、自分の弱点に気付きます。

それと、自分の得意分野も見つかります。

できる営業マンがなぜ売れているかも恐らくここらへんで気付くはずです。

如何に、学んだことを実践しながらトライアンドエラーを繰り返し、継続できるかです。

ここで同期の営業マンは僕一人しか残りませんでした。

それだけ、継続は難しいということです。

僕がここまで来るのに1年以上かかっている事実を忘れないでください。

4.成果の積み上げ

最後に成果の積み上げをしてください。

成功体験を積み上げることにより、自信がつきます。

成功体験を存分に脳に刻み込んで、毎日の営業に活かしてください。

毎日の積み上げが、非常に重要になります。

できる営業マンほど毎日積み上げて努力を欠かしていません。

努力の末に気付いたこと

努力の末に気付いたことは、トップセールスの共通点は「お客様に与えまくれるということです。

どういうことかというと、お客様のニーズを引き出し的確に情報やモノを与えるのが上手いということです。

そしてほぼ全てトップセールスが「モノを売るのではなく自分を売る」ということです。

ここに気付ければしっかりと成果は出ます。

ここに関してはお客様のニーズについて学ぶ必要がありますので、こちらの記事を参考にしてください。

この記事ではニーズについて書いています。

自分を売り込むのになぜお客様のニーズの深掘りが必要なのか?って思いますよね?

それは、お客様のニーズを理解しているということは、お客様の欲しいものを適切に与えることができるということに繋がります。

与える続けるとお客様は自動的に営業マンに何かしらで返そうとしてきます。

これを影響力の武器という書籍でも紹介されていた心理のひとつで、「返報性の原理」といいます。

営業やマーケティングに携わる方は読んでおいて間違いない書籍です。

返報性については記事がありますので、参考になればと思います。

この心理は、営業はもちろんウェブマーケティングなどにも使えますので参考にしてください。

ちなみにプライベートなどにも使えてしまうので、悪用は厳禁です。

まとめると「お客様にニーズを深掘りし、お客様の求めるものを与え続ける」がトップセールスの共通点だと努力をしていて気付きました。

詰め込みすぎた感じはありますが、営業において重要なことなので覚えてください。

まとめ:泥臭いけど稼げると楽しいよ!

まとめになりますが、この記事ではこのような方に向けて営業でするべき努力法について執筆しました。

  • 営業に行き詰っている
  • 営業がどのような努力をすべきか知りたい
  • もっと業績を伸ばしたい
  • トップセールスに少しでも近づきたい

トップセールスって華やかなイメージ持たれると思いますが、普通の営業マンよりとてつもなく泥臭いことを継続して積み上げています。

要は時間をかけて積み上げて、継続すれば確実に業績は伸ばせます。

最後に爆弾発言しますが…継続の力も才能かもしれませんね。

これで以上になります。

それでは良い営業ライフを。

コメント

  1. 営業マンは「モノを売るな」【10年目の営業マンが実証】 | 本当の秘密 より:

    […] センスのない営業マンがトップセールスになれる努力法【実証済み】センスのない営業マンいますか?この記事では、センスのない営業マンの僕が、トップセールスになるためにどのよ […]

  2. […] センスのない営業マンがトップセールスになれる努力法【実証済み】センスのない営業マンいますか?この記事では、センスのない営業マンの僕が、トップセールスになるためにどのよ […]

タイトルとURLをコピーしました