ベルフェイスの使い方、機能、評判を徹底解説【オンライン営業でお困りの方向け】

営業ノウハウ
営業マン
営業マン

ベルフェイスを導入を考えている。

しかし、あまりベルフェイスについて詳しくない。

営業に特化していると聞いたけど、機能も他のツールと何が違うのだろう…

使い方は?

巷ではよくZOOMの名前を聞くけど、実際どこが違うの?

こういった疑問に答えます。

本記事のテーマ

ベルフェイスの使い方、機能、評判を徹底解説【オンライン営業でお困りの方向け】

結論をお伝えしますが、オンライン営業ツールのおすすめはベルフェイスです。

理由は、お客様を第一に考えられたツールだからです。

最近オンライン営業という言葉はよく耳にします。

ウィズコロナによりリモートワークやテレワークが一般的になってきました。

そんな中オンライン商談ツールが脚光を浴びています。

本記事で紹介するベルフェイスの他に有名なものだとZOOMなどが挙げられるでしょう。

ベルフェイスは他の商談ツールと何が違うのか?営業において使い勝手が良いのか?

そんな疑問を解決する記事になります。

この記事では、ベルフェイスの特徴や機能や使い方、他のオンライン商談ツールとの違いを紹介していきます。

✔記事の信頼性

執筆者は営業歴10年以上の営業を愛している現役営業マンのHIROです。

営業マネージャーという立場なので、実際に営業シーンでどんなツールが使えるかわかります。

当サイトでは営業のお役立ち情報を発信中です!

◎この記事はこのような方に読まれています
  • これからベルフェイスの導入を検討している
  • ベルフェイスの機能や評価が気になる
  • ベルフェイスの使い方を知りたい
  • 他のサービスとの違いを知りたい

✔読者様への前置きメッセージ

ベルフェイス導入をお考えの法人様へ】

コロナの終息が見えず、営業現場は新たな営業様式を求められています。確かにベルフェイスは営業に特化していますが、他のオンライン会議ツールも気になると思います。他のサービスとの違いを体感していただきたいので、最初からこれだ!と決めないでしっかり検討していただければと思います。

まずは下記から資料を無料でダウンロードして機能面や導入のメリットをご覧ください。

bellFace(ベルフェイス) 

ベルフェイスとは

ベルフェイスとは

bellFaceは電話を使った、オンライン営業に特化した国内シェアNo.1のシステムです。複雑な設定が一切不要で、ネットが苦手なお客さまにも使いやすく、リリースから5年で3,000社以上の企業に導入されています。

ベルフェイス公式サイトを引用

国内No.1のシェアを誇るオンラインツールです。

コロナ禍により、更に普及しました。

何故ベルフェイスが選ばれているのか?

3つの理由があります。

①操作が簡単で個人営業に特に強い

ベルフェイスの特筆すべき点は、電話からスタートするところです。

操作がシンプルなのでインターネットに不慣れな場合にも無理なくスタートが可能です。

多忙な個人営業の方に選ばれています。

②多様な機能が充実

多様な機能がありますが、いずれもシンプルに操作できます。

例えば

  • 名刺交換機能
  • マーカー同期機能
  • 共有議事録

このように実際に営業現場で使うものを機能化することにより、臨場感の演出することができます。

従って、ベルフェイスを使うことでよりリアルな営業をオンライン化することができます。

③やり取りを記録することで商談の分析が可能となる

従来営業とは対面で行うもので、商談の重要なトークが流れてしまったりと非効率な部分がありました。

ベルフェイスを使ったオンライン商談では録画、録音ができます。

そのことによりお客様の発言、挙動などをデータ化し分析することで成果の向上だけでなく、営業マンに成長を促すことができます。

この点は実際に僕自身もマネージメントする側ですが、できるセールスの録画を見せることによって部下の成長が格段に速くなるので助かる機能です。

※もちろん設定で録音機能はOFFにもできます。

ベルフェイスの使い方

ベルフェイスは電話から始まり、オンライン商談に誘導する流れになります。

想像していただくために具体的な3ステップで紹介します。

step1

接続前に、まずは電話で繋がりましょう。

その後、相手の方に「ベルフェイス」と検索してもらい、電話をしながらオンライン商談へ誘導します。

引用元:ベルフェイス

step2

ゲストの方に「接続ナンバーを発行」をクリックしてもらい、接続ナンバーを電話口で確認します。

※接続ナンバーは有効期限が120秒です。

step3

ホスト側の管理画面で接続ナンバーを入力し、「接続を開始する」をクリックします。

接続が開始されます。

使い方は、上記のとおり簡単です。

お客様目線で考えられていてシンプルで使いやすさを追求しています。

接続開始画面の解説

上記の画像を見てもらえばわかるのですが、営業マン目線でも多様な機能があり魅力的です。

例えば、カンニングペーパーとして使えるトークスクリプトは、営業マンの心強い味方になります。

各機能は画面下部のメニュー群よりわかりやすく表示されているので迷いません。

多種多様な機能はありますが、シンプルな表示なので迷いません。

公式サイトはこちら

資料は無料でダウンロードできます

機能については下記を参考にしてください。

営業マンである僕個人の評価を含めて紹介します。

これから導入を考えている事業者様は、いち営業マンの意見として参考にしてください。

※画像は公式から引用しています。

機能面の評価:忖度無しです

ベルフェイスは数々の有名企業が使っていますが、代表的な企業だとSMBC日興証券が有名です。

なぜたくさん企業から支持されているのでしょう。

それは間違いなく機能面にあります。

営業歴10年の僕がベルフェイスのここが凄い!という機能面を解説しながら紹介します。

5秒で誰にでも接続できる機能

  • お相手はアプリインストールが不要
  • 営業担当はURL発行不要(Web型は必要)
  • お相手にブラウザ検索で接続ボタンを押してもらうだけ

これに関しては圧倒的に評価するべき点だと思います。

お客様に手間を取らせないという点は、一番の決め手になるのではないでしょうか。

他サービスの場合は、一度IDのやり取りなどをメールで打ち合わせが必要になったりと工程が多い印象を受けます。

難しいサービスであれば敬遠されるものです。

ベルフェイスは相手目線で考え抜かれたサービスといっても過言ではありません。

レコログ機能が充実

  • 営業内容を録画録音、データで保存・共有
  • 自身の営業トークの振り返り
  • 録画営業トークを自動でテキスト化
  • 部下の営業を可視化しアドバイス(しおり機能)
  • 同じ場面を検索して比較(場面検索)

ベルフェイスはレコログ機能面も優れています。

この機能は僕個人的にはかなりおすすめできる点です。

何故なら自分の営業って中々見る機会ってないんですよね。

客観的に自身の営業を見ることで成長にも繋がります。

それと、トップセールスのトークの共有ができるって凄くないですか?

今まで再現性のなかったトップセールスのトークが真似できる時代になりました。

後は、ニーズの可視化もできます。

これも今まで通常の営業では引き出せなかったニーズも引き出せます。

録画や録音は嫌がる社員もいるとは思いますが、メリットが多すぎるので必要な機能だと僕は思います。

シンクロプレゼンテーション機能

  • 商談相手が営業担当の資料を自由に操作できる
  • 資料をお互いが自由に操作出来るため対面同様の体験ができる
  • お互いのマウスの位置で、どこを見ているか分かる

この機能も便利で、実際の営業で資料の見合わせなどがオンラインでもできます。

紙という媒体なしで商談が進むため、手荷物が減るのはメリットです。

書類をまとめたりするのって意外と面倒なので、この点もデータ化のアドバンテージといえます。

マウスの位置で相手の目線も誘導できるので、対面営業と遜色ないレベルでオンライン営業できます。

デジタル名刺の自己紹介機能

  • オンラインでも可能な名刺機能
  • 営業担当者の情報をオンラインで送信
  • アイスブレイクでスムーズな商談に

営業といえば名刺交換ですが、ベルフェイスではオンラインでも名刺を提示することができます。

自己紹介文や趣味、写真なども取り込めるので、通常の名刺よりもボリュームがあり実用的です。

これは、意外と盲点ですよね。

使ってみると思っているよりも便利です。

トークスクリプト機能

  • 営業担当自身にしか表示できないデジタルカンペ
  • 各種データや即対応が難しいこともスムーズに進行
  • 営業成果が高いメンバーのトークを模倣

こちらは新人にとってはかなり心強い機能です。

デジタルカンペがあれば、トーク内容も統一化できるし返答に困るような質問に対しても対応できます。

行き詰った営業シーンが減るのは間違いなさそうです。

CRM連携機能

  • 商談記録~顧客管理まで一連管理
  • CRM上より必要に応じてベルフェイスに接続が可能
  • 営業進捗の数字管理が容易に

CRMとは、顧客関係管理システムの主な機能になります。

分かり辛いので砕いて説明すると、ベルフェイスが顧客との関係向上に繋がるデータを管理しますよということです。

ちょっと地味に聞こえますが、商談の記録や営業進捗の数字管理が簡単になるのでこの機能はもちろんあった方が便利です。

営業に特化していると言われている理由のひとつが、CRM連携機能が優れている点でしょうね。

共有メモ

  • 双方が同じデジタルメモを編集でき議事録代わりに
  • 口頭で共有しにくいURLなどもコピペするだけ
  • コミュニケーションコストの提言

共有メモはお客様も使えます。

お客様もメモを使うことによって、重要な商談の内容の誤認などを減らせます。

細かいですが、URLの共有がコピペでできるのは便利ですよね。

ビューティーモード機能

  • オンラインならではの見た目を調整
  • 明るさ調整などで見た目の印象が変わる

この機能に関しては、他サービスもやっているので特に評価できませんが、営業マンは見た目も大事という点だけ伝えておきます。

上記がベルフェイスが売りにしている機能の一覧です。

他サービスと機能面はそんなに変わらないでしょう?と思いましたが、細かい所がやはり違います。

特にお客様にも簡単に扱える点営業マンの教育やノウハウの共有などができる点がやはり営業に特化しているといえる部分ではないでしょうか。


ベルフェイス導入をお考えの法人様へ】

コロナの終息が見えず、営業現場は新たな営業様式を求められています。確かにベルフェイスは営業に特化していますが、他のオンライン会議ツールも気になると思います。他のサービスとの違いを体感していただきたいので、最初からこれだ!と決めないでしっかり検討していただければと思います。

まずは下記から資料を無料でダウンロードして機能面や導入のメリットをご覧ください。

bellFace(ベルフェイス) 

他サービスとの違いは?

有名どころだとZOOM、Googleハングアウト、スカイプなどが挙げられます。

その他のサービスも一長一短、各自売りにしている機能があります。

この記事で紹介しているベルフェイスは他のサービスと確実に違う点があります。

それは、

他のサービスは

WEB会議を前提にしていること

一方ベルフェイスは

電話営業の進化版だということ(お客様の事前準備が不必要)

何が違うの?と思われる方も多いと思いますが、営業マンからすればかなり違います。

ベルフェイスは電話から始まります。

電話が繋がり次第、お客様をオンラインへと誘導していくのが特徴となります。

しかし、こちらから営業の電話をかける際に、お客様が事前にオンライン商談を想定しているかといえばNOです。

ベルフェイスの売りはまさにここです。

ベルフェイスの場合、顧客のネット環境に左右されない、アプリインストールなどの事前準備の必要がありません。

ベルフェイスはお客様に寄り添ったオンライン営業ツールといえます。

ベルフェイスの評判

実際に使った方の意見も参考になると思います。

Twitter上での評判についてみてみましょう。

上記のような意見ばかりで、「使いづらい」などの評判はみませんでした。

お客様目線での評判を調べましたが、さすがに出てきませんでした。

面倒な操作がないので、悪評はまず出ませんね。

まとめ:お客様を前提としているので営業に特化している

まとめになりますが、この記事は下記のような方にベルフェイスの特徴や他のサービスとの違いを紹介しました。

  • これからベルフェイスの導入を検討している
  • ベルフェイスの機能や評価が気になる
  • 他のサービスとの違いを知りたい

いかがでしたか?

ベルフェイスの導入をお考えの方は、他のサービスとの違いがわかったと思います。

営業マンももちろんそうですが、お客様のことをしっかり考え抜かれているツールだと感じました。

しかし、この記事で判断するのはまだ早いと思います。

しっかり、熟考していただくために無料で資料がダウンロードできます。

詳しい機能面、導入時のメリット、成功例など無料で見れますので参考にしてください。

⇊今すぐ無料ダウンロードはこちら⇊【公式】

ということで、以上になります。

この記事の内容が参考になったら幸いです。

それでは良い営業ライフを。

※この記事では一部ベルフェイス公式からの文言を引用しています。

コメント

  1. […] ベルフェイスは他のツールと何が違う?【新しい営業様式:オンラインの時代へ】コロナの終息が見えず、営業現場は新たな営業様式を求められています。確かにベルフェイスは営業に特 […]

タイトルとURLをコピーしました